書籍のデータ化|販促の為のノベルティは名入れが効果あり|もっと企業を知ってもらう

販促の為のノベルティは名入れが効果あり|もっと企業を知ってもらう

カラーチャート

書籍のデータ化

色見本

書籍のデータ化する意味は

書籍をデータ化するメリットとしてはスペースの節約があります。書籍を保管するためには本棚を用意する必要がありますが、それでも置ける量はその部屋の広さに比例します。また書籍は意外と重量があり、部屋一杯に押し込むと床が抜けるといったケースもあるなど大量に書籍を保管する場合には、それらなりの費用も必要です。一方で書籍をスキャナーなどを使ってデータ化し記録メディアに保管することでこれら無駄な費用を抑えることができます。これらの行為は自炊と呼ばれます。自炊の方法はさまざまで書籍を破壊しないでデジカメでの撮影やスキャナーでの読み取りをするケースもあれば、書籍を裁断しそれらを専用のスキャナーで読み取るといったことも行われます。

代行業者を使うメリット

自炊は時間の掛かる作業であるため、大量の書籍をデジタルデータ化するさいには自炊代行業者を使うと効率的に行えます。自炊代行業者に依頼する場合には、自炊すべき本を送付して、それらを破壊的な方法でスキャンするか非破壊的な方法でスキャンするかを選びます。自炊代行業者は注文に応じて書籍のデジタルデータ化をして、それらはCD-RやDVD-Rなどにデータを落として送付してくれます。なお、非破壊でもデータ化は可能ですが、品質は劣ります。一方で破壊された書籍は元に戻すことはできませんので、自炊代行業者が処分してくれるところもあります。このため本を捨てたいが、中身は残しておきたいといった場合に有効な方法といえます。